KURICOLIFE

〜写真でめぐる旅ぶろぐ〜

【西国三十三所巡り】願いが叶うお寺、天橋立を一望できる宮津成相寺の見どころ7選

f:id:ksstory:20200902090152j:image

2020年8月、西国三十三所巡りをスタートしました。

実際に足を運び気づいた見どころ、感じたことを撮影した写真と共にレビューします^^

 

 

西国第二十八番札所 成相寺の歴史

f:id:ksstory:20200902090017j:image

  • ご本尊:聖観世音菩薩(秘仏)
  • 開祖:真応上人
  • 創建:七〇四年

 

成相寺文武天皇勅願寺として真応上人が創建しました。

勅願寺とはその時の天皇によって国家繁栄の為に建てられた祈願寺のこと

 

ご本尊の聖観世音菩薩は秘仏で御開帳は33年に一度!前回は2005年だったので次は2038年。お目にかかれたら幸運ですね^^

 

 

成相寺の名前の由来

f:id:ksstory:20200902085932j:image

一人の僧が山に篭って修行中、深雪で食料は絶え餓死寸前になります。

僧は「今日一日生きる食べ物をお恵み下さい」と本尊に祈り願いました。

すると怪我をした鹿があらわれます。

悩みつつも命には変えられないとその鹿の肉を切り取り鍋で煮て食べました。

やがて雪が消え里人が訪れるとご本尊が切り取られ鍋に木屑を見つけます。

これを知った僧は観音様が身代わりになってくれたのだと悟ります。

これにより願いが成り合うお寺、成相寺と名付けられ願いが叶うお寺として信仰されるようになりました。また観音様は「身代わり観音」とも呼ばれています。

 

 

成相寺の見どころを紹介

①手水鉢(重要文化財)

f:id:ksstory:20200901104400j:image

この釜は鎌倉時代の作で元々湯船として使われていたもの。今は手水鉢として使われ観音水と呼ばれる成相山の湧水がでています。

 

②本堂内の真向の龍

f:id:ksstory:20200901104435j:image

本堂内右手にある名工・左甚五郎作の木彫りの龍。真正面を向いていてどの角度から見てもこちらを見据えているように見えます。

 

f:id:ksstory:20200902112920j:image

江戸時代中期に再建された本堂は色使いが質素ながらもどしっと風格のある佇まいです。

 

③本堂前階段下の一願一言地蔵

f:id:ksstory:20200901104507j:image

ただ一つの願いを一言で祈れば叶えてくださるといわれるお地蔵さま。約620年前に創られたとても古いお地蔵さまなんだとか。

 

成相寺の撞(つ)かずの鐘

f:id:ksstory:20200901104632j:image

鋳造するとき、溶かした銅の中に赤ん坊が落ちてしまった。出来上がった鐘の音は赤ん坊の泣き声のように悲しく鳴り響いたのでこの鐘をつくのをやめたという悲しい伝説が残る鐘。

そう聞くとどこか寂しげな鐘に見えました。

 

成相寺の底なし池

f:id:ksstory:20200902114602j:image

本堂からまっすぐ下の方へ降りていくとあるこの池は底なし池と呼ばれていてちょっと怖い感じもしたけど、木々に囲まれ真ん中には弁天堂が浮かびとても綺麗な池でした。

 

五重塔

f:id:ksstory:20200901104839j:image

高さは33mあり木々の中にそびえ立つ五重塔は想像以上に立派でした。

もみじの木も多く見られたので秋は紅葉とのコントラストも美しそう。


f:id:ksstory:20200901104842j:image

下から見上げるとなかなかの迫力。青空と五重塔の朱色が最高に綺麗でした!

 

成相山パノラマ展望台

f:id:ksstory:20200901105019j:image

本堂よりさらに奥にあるパノラマ展望台は眼下に天橋立を望むことができます。少し横角度からの天橋立はビューランドや笠松公園より高いとこからの眺め。とても気持ちよかったです。

 

f:id:ksstory:20200902124039j:image

かわら投げもできます。

かわら投げとは古くから行われている祈願行事で、かわらに願いを込めて輪っか目がけて投げます。
f:id:ksstory:20200902124036j:image

3枚で200円。かわらには招福、安全、厄除、金運などの文字が書かれています。

 

〈私のかわら投げ体験〉

選んだかわらは招福、安全、厄除。

一投目、招福通過!二投目、安全通過!三投目厄除外れる!

うーん。このままではモヤモヤ。さらに3枚購入、厄除ばかり3枚。

一投目外れ!二投目外れ!ピンチ!三投目通過〜!

 

この様にかわら投げで楽しむことができるので展望台へ来たら是非^^

 

 

成相寺御朱印

f:id:ksstory:20200901105050j:image

西国三十三所巡り二ヶ所目の御朱印をいただきました。

左上に西国三十三所草創千三百年記念印も。

あらゆる願いを叶えてくれる如意宝珠をデザインした印だそうです。(記念印は2022年3月31日まで)

 

 

坂がすごい!成相寺へのアクセスと駐車場

f:id:ksstory:20200902193236j:image

成相寺までは車で行きましたが近づくにつれかなり急勾配な道です。少しドキドキでした。

左の傾斜分かりますか?

 

f:id:ksstory:20200902131954j:image

駐車場は本堂前とその先のパノラマ展望台にあります。入山料を払う時に丁寧に説明してくれます。どちらもそこそこ広めの駐車場でした。

 

入山料:大人500円、中高生200円

(駐車料金込み)

 

 

f:id:ksstory:20200902140757j:image

パノラマ展望台の他にも本堂駐車場の近くにも歩いて登る弁天山展望台があります。

パノラマ展望台よりは低いですがこちらの眺めも気持ちよかったです。

しかしどちらかを選ぶとしたらやはりパノラマ展望台がおすすめ。車ならパノラマ展望台まで行きましょう!

 

西国三十三所巡り2/33』!