KURICOLIFE

KURICOLIFE

寺社巡りと旅とワン

【西国三十三所巡り】なで仏や美しい庭園などほっこり過ごせた穴太寺を紹介

f:id:ksstory:20201113082920j:image

 

西国三十三所巡りをスタートし、実際に足を運び気づいた見どころ、感じたことを撮影した写真と共にレビューします^^

 

今回は第二十一番札所、京都府亀岡市にある穴太寺へ行ってきました。

派手ではない静かなお寺ですが美しい庭園やお布団で寝ている涅槃像など見どころがぎゅっと詰まっていました^^

 

【目次】

 

 

西国二十一番札所 穴太寺の見どころ

本堂内部と京都府の名勝にもなっている庭園は特別拝観で見ることができます。

f:id:ksstory:20201117105926j:image

本堂左手のこちらから入って受付があります。

受付の女性の方の対応がとても穏やかで気持ちが良かったです^^

 

釈迦如来大涅槃像(なで仏)

f:id:ksstory:20201117110314j:image

(出典:穴太寺パンフレット)

本堂内の右手に横たわるお釈迦様。

布団を被って優しいお顔で迎えてくれました。

自分の体の悪い所と同じ部分のお釈迦のお体を撫で自分の体にさすり返すと御利益があるというお釈迦様で、沢山の参拝者に撫でられピカピカ輝いていました。

 

穴太寺庭園

f:id:ksstory:20201117110901j:image

穴太寺には京都府指定名勝の庭園があります。

本堂と書院を繋ぐ渡り廊下です。先に本堂へお参りをして庭園のある書院へ。


f:id:ksstory:20201117110857j:image

書院の奥へ進むと目の前に開けた美しい庭園。

多宝塔を借景として取り入れられていて一枚の絵の様。


f:id:ksstory:20201117110908j:image

畳の間に腰を下ろし、しばし景色を堪能しました(*´ω`*)


f:id:ksstory:20201117110904j:image

人もまばらだったので、居心地がよすぎてずっとここで休んでいたい気持ち。


f:id:ksstory:20201117110853j:image

 

f:id:ksstory:20201117110850j:image

書院の中の欄間をよく見ると一つ一つ立派な彫刻が彫られているのでそんな所を見るのも楽しかったです。

 

 

さくっと穴太寺の歴史とご利益

f:id:ksstory:20201113130109j:image

  • ご本尊 聖観世音菩薩(33年に一度ご開帳)
  • 開祖 大判古麻呂
  • 創建 七〇五年

歴史 

  • 705年、文武天皇の勅願(命令)によって大判古麻呂が建てた。

 

ご利益

病気平癒など

 

 

穴太寺の伝説

宇治宮成が仏師に観音像を造らせます。

その褒美に自分の大切にしていた馬を与えますが、宮成は馬が惜しくなり仏師を殺して馬を取り返します。

ところが家に帰ると宮成を迎えたのは、自分が放った弓矢が刺さっていた観世音菩薩でした。

これより宮成は改心して仏道を信じるようになり聖観世音菩薩は「身代わり観音」としてこの穴太寺に安置されたという伝説があります。

 

当時の観世音菩薩は残念ながら盗難にあったそうで、現在あるのは胸の傷とともに模刻された菩薩様になります。

そしてこの菩薩様は秘仏であり、御開帳は33年に一度となっています。

 

 

穴太寺の読み方、何て読むの?

f:id:ksstory:20201113083924j:image

穴太寺は「あなおうじ」と呼びます。

「あなおじ、あのうじ」「あなおさん」と呼ばれることもあります。

あなぶとでら ←ではありません、笑。最初はそうよみましたよw

 

 

穴太寺の御朱印

f:id:ksstory:20201117121257j:image

西国の御朱印をいただきました。

左上に西国三十三所草創千三百年記念印も。

穴太寺はお寺の紋である梅鉢の記念印でした^^

 (記念印は2022年3月31日まで⇒2023年3月31日まで延長)

 

 

穴太寺の所要時間

1時間

こじんまりとしたお寺ですが、お庭を眺めつつゆっくりしてこれ位でした。

 

 

拝観時間と拝観料

拝観時間:8:00〜17:00

拝観料:無料

(本堂内拝観は300円、お庭とセットで500円)

 

 

穴太寺の駐車場

f:id:ksstory:20201117122157p:image

駐車場は広く、穴太寺へも歩いてすぐです。

料金は500円でした。

ただ穴太寺付近の道は少し狭いのでゆっくり運転して下さいね。

 

 

善峯寺から穴太寺へ車でのアクセス

f:id:ksstory:20201118135552j:image

京都の善峯寺から穴太寺は京都縦貫道を走れば30分程で行けました。

という訳で私も午前中は善峯寺へお参りした後、午後は穴太寺という日程で参拝しました。

 

お昼を穴太寺付近で食べようとしたのですがあまり無く(探しきれなかっただけかも)

結局お昼抜きとなってしまいました^^;

善峯寺付近もしくは亀岡ICあたりでリサーチしておくことをお勧めします。

 

(バス)JR亀岡駅から京阪京都交通「穴太寺前」下車すぐ

 

次の札所⇒第二十二番札所 総持寺はこちら


ポチっとして頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村