KURICOLIFE

KURICOLIFE

寺社巡りと旅とワン

西国三十三所巡り・特別拝観の長谷寺へ、日本最大級の観音様に触れてきました


f:id:ksstory:20210102172952j:image

今回は西国第八番札所、奈良県の長谷寺へ行ってきました。

 

日本最大級の観音様の御足に直接触れることのできる特別拝観中でした。

 

重要文化財のご本尊に触れる、これってなかなかできない体験です。

より、ご利益をいただけそうですよね!

 

特別拝観は毎年春と秋に開催されます。

機会があれば是非いってみて下さい^^

 

 

 

 

特別拝観で観音様の御足に触れる

f:id:ksstory:20210102144431j:image

普段は立ち入ることのできない本堂に入り観音様を真下から拝観できる特別拝観

 

狭い通路を進み観音様の部屋に入ると大きな大きな観音様の足元へ。

この特別拝観では観音様の御足に直接ふれてお参りし、ご利益を直接肌で感じることができます。

 

そぉっと両手で触れるとじわーっとあったかい気持ちに。

 なんともありがたきこと

(*´ω`*)

 

見上げると大きな観音様からご利益を全身に浴びているようなそんな感覚になりました。

 

観音様の周りをぐるっとまわることができ貴重な後ろ姿も見れますよ。

 

拝観料は1000円しますがとても素敵な時間を過ごせるのでおすすめです^^

( 2020年の特別拝観は3/1~6/30,10/12~12/1でした。その年の拝観日はHPで確認して下さいね)

 

 

西国第八番札所、長谷寺の見どころ

仁王門(重文)

f:id:ksstory:20210102105603j:image

大きく立派な門。両脇に仁王像、楼上には釈迦三尊十六羅漢像が安置されています。

現在の門は明治27年に再建されたものです。

 

長谷寺型灯籠がぶら下がる登廊(重文)

f:id:ksstory:20201231171310j:image

門をくぐると見える景色がこの長い登廊(のぼりろう)

傾斜は緩やかなものの三九九段もの階段を登って行きます。

 

この登廊は中臣信清が子供の病気平癒の御礼に造りました。

上中下の三廊に分かれていて中下は明治27年に再建されたものです。

 

長谷寺といえばこの景色! 

 といってもいいですね。

 

f:id:ksstory:20210102110443j:image

頭上には長谷寺型と呼ばれる灯籠が吊るされています。これも素敵(*´ω`*)

 

本堂(国宝)

f:id:ksstory:20210102123957j:image

清水寺のように断崖絶壁に懸造りされた本堂。

 

f:id:ksstory:20210102124918j:image
f:id:ksstory:20210102124921j:image

本堂前からは境内全体や初瀬の里が見渡せます。

11月初旬はほんのり紅葉し始めでした。ピーク時はさぞかし綺麗なんだろうなぁ。

 

f:id:ksstory:20210102125144j:image

古建築では屈指の大きさで国宝である本堂はとても見応えがあります。

そしてここに高さ10.18メートル金色に輝く日本最大級の木像仏十一面観世音菩薩が安置されています。

 

長谷寺の五重塔

f:id:ksstory:20210102132716j:image

昭和29年、戦後日本で初めて建てられた五重塔がここ長谷寺の五重塔なんですよ。

 

f:id:ksstory:20210102143246j:image

本堂から望む五重塔は山に囲まれ美しい(*´ω`*)

 

 

花の御寺と呼ばれる長谷寺

f:id:ksstory:20210102143924j:image

f:id:ksstory:20210102143928j:image

(出典:Wikipedia)

長谷寺は別名花の御寺と呼ばれていて春には桜や牡丹が境内を彩ります。

また秋は紅葉が美しく本殿の床に映る床もみじが有名です。

 

 

さくっと長谷寺の歴史とご利益

f:id:ksstory:20210102195849j:image
  • ご本尊 十一面観世音菩薩
  • 開祖 道明上人
  • 創建 六八六年

長谷寺の歴史

  1. 686年、道明上人がここに天武天皇の銅板法華説相図を安置する
  2. 大洪水があり一本の大木が漂着
  3. 村人がこの大木の端を切り取ったところ、家は火事に村では疫病が流行した
  4. これはあの大木の祟りだと思い誰も木に近づかなくなった
  5. その後何十年と時が経ち、この話を知った道明上人のお弟子徳道上人が自らその大木で像を作ろうと今の長谷寺の場所までひいてきた
  6. 7.8年もの月日の間この大木に向かって祈祷をしついに観音様が完成、この観音様をご本尊とする長谷寺が誕生した

 

ご本尊

長谷寺のご本尊は高さ約10メートル日本最大の木造観音像です。

右手に杖、左手に水瓶を持っていて優しいお顔をしています。

何度も火災にあい、現在は室町時代に造られました。

 

ご利益

成功と出世縁結び美人病気平癒安産

 

 

長谷寺の御朱印

f:id:ksstory:20210102144400j:image

繊細なタッチの御朱印。

左上に西国三十三所草創千三百年記念印も。

長谷寺は登廊の脇に牡丹の花が咲いた長谷寺を象徴する記念印でした^^

 (記念印は2022年3月31日まで⇒2023年3月31日まで延長)

 

 

長谷寺近くでランチ 奈良名物のにゅうめんを

f:id:ksstory:20210102173304j:image

今回停めた駐車場から長谷寺までは歩いてすぐですがその間にいくつかお店が軒を連ねます。


f:id:ksstory:20210102173257j:image

奈良の名物はやっぱり三輪そうめんということで味処吉野館さんへ。

にゅうめん700円。具沢山のにゅうめんが美味しかった(*´ω`*)

 

f:id:ksstory:20210102173251j:image
f:id:ksstory:20210102173300j:image

こちらは奈良に来たら絶対食べたかった一つ。

柿の葉寿司!

吉野館さんの並びにあるとらせさんは一つから購入可能。

鮭の柿の葉寿司を購入したらこの時期限定の紅葉の葉で包まれていました。

お店の方も親切でした(*´ω`*)


f:id:ksstory:20210102173254j:image

吉野館の向かいのお店はお漬物や乾物が販売されていて中でも目を引いたのが乾物の計り売り。


f:id:ksstory:20210102173307j:image

きくらげとどんこ椎茸。

大きいままのきくらげは初めてだったので買ってみました。

しっかり茹でてからそのまま胡麻ドレッシングで食べるのが美味しいよとお店の方に教えていただき…これ肉厚でめちゃくちゃ美味しかった!

 

 

所要時間(目安)

1時間半。見どころの多い長谷寺さんです。

 

 

拝観料と拝観時間

大人:500円 小学生:250円

特別拝観料(春・秋)1000円(入山とセットで1300円)

 

4〜9月 8:30〜17:00

10.11.3月 9:00〜17:00

12〜2月 9:00〜16:30

 

 

長谷寺の駐車場

f:id:ksstory:20210102182735p:image

駐車場はいくつかあります。今回停めた所は法起院のすぐ横の長谷寺前駐車場。

1回500円です。長谷寺までは徒歩3分です。

 

 

長谷寺のアクセス

電車:近鉄長谷寺駅下車 徒歩15分

 

 

奈良旅行のご予約はこちらから^^ 

 

 

次の札所⇒ 第八番札所興福寺南円堂はこちら

 

ポチっとして頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村