KURICOLIFE

KURICOLIFE

寺社巡りと旅とワン

【西国三十三所巡り】一度は見たい!岡寺のダリヤ。日本で最初の厄除け観音様のお寺。

f:id:ksstory:20210105102859j:image

今回は奈良の岡寺(龍蓋寺)へ行って来ました。

 

岡寺へ行くならGW前後が絶対おすすめ

なぜなら…ダリヤを浮かべた池と手水舎が見事なんです。

これを知らずに私は11月にいってしまいました。次こそは一面に浮かぶダリヤをこの目で見てみたいです!

 

とはいえ山寺なので紅葉も綺麗な岡寺。この時期の参拝も良いですよ。

日本で最初の厄除け観音様のいる岡寺を紹介します。

 

 

 

岡寺のしゃくなげとダリヤともみじ

f:id:ksstory:20210104184713p:image

(出典:岡寺HP)

4月〜5月はしゃくなげ。


f:id:ksstory:20210104184709p:image

(出典:岡寺HP)

そしてGWは天竺牡丹(ダリヤ)で彩られます。

これですこれ!素晴らしい〜

 

f:id:ksstory:20210614200004p:image

とても綺麗ですね!


f:id:ksstory:20210104184718p:image

(出典:岡寺HP)

そして秋はもみじ。もちろん紅葉もとても美しい岡寺です。

 

 

岡寺の見どころ

手水舎

f:id:ksstory:20210821085010j:plain

岡寺の手水舎は時期に合わせて参拝者を楽しませてくれる工夫が。

11月初旬はビー玉でした。とても綺麗でした(*´ω`*)

 

本堂 

f:id:ksstory:20210104161338j:image

4メートルを超えるご本尊が安置されています。

 

可憐にぶら下がる龍玉願い珠

f:id:ksstory:20210104140836j:image

岡寺の本堂前には何やら玉が沢山ぶら下がっていました。

これは龍玉願い珠といって珠の中にある紙に願いを書き再び珠の中へ戻して蓋をし、願いが叶うといわれるモチの樹に吊るすというもの。

岡寺らしい可愛い風景です。願い珠(600円)

 

龍蓋寺(岡寺)の名前の由来にもなった龍蓋池

f:id:ksstory:20210104172602j:image

岡寺は古来より正式名称は龍蓋寺(りゅうがいじ)といいます。

 

その昔、嵐を起こして田畑を荒らすがいました。農民に助けを求められた義淵僧正は法力で龍を池に封じ込め石の蓋をしました。この池が本堂前にある龍蓋池です。

この龍に蓋をするということから龍蓋寺という名前がつきました。

龍は改心して今もこの龍蓋池に眠っていると言われています。

 

現在のは飛鳥の岡山にあるお寺として親しまれていたことから岡寺と呼ばれるようになりました。

 

三重塔(重文)

f:id:ksstory:20210104173247j:image

ここは少し高い所に位置し、塔の前から本堂や飛鳥の里が見渡せます。

 

大師堂

f:id:ksstory:20210104175902j:image

三重塔から下ってくると大師堂があります。

名前のとおり弘法大師がお祀りされています。

大師堂の前には弘法大師像がありその御御足に触れて足腰や身体の健全を願います。


f:id:ksstory:20210104175905j:image

大師像の足元を見ると小さな弘法大師が!

これは幼少期の弘法大師なんだとか。可愛い^^

 

 

西国第七番札所 岡寺(龍蓋寺)について

f:id:ksstory:20210821085053j:plain

  • ご本尊 如意輪観世音菩薩(厄除け観音)
  • 開祖 義淵僧正
  • 創建 六六三年

 

ご本尊 

ご本尊は高さ4.85メートルの日本最大の塑像(土で造られた像) の観音様です。

6本の手を持つ如意輪観音が多い中で、岡寺は2本の手のとても珍しい観音様です。

 

弘法大師が日本、インド、中国の三国の土で造ったとされていて日本三大仏の一つです。

ちなみに日本三大仏とは

  • 東大寺の毘盧遮那仏(銅像)
  • 長谷寺の十一面観世音菩薩(木像)
  • 岡寺の如意輪観世音菩薩(塑像)

奈良の大仏様は皆さんよくご存じですよね(*´ω`*) 

 

 

さくっと岡寺の歴史

  • 岡寺は天智天皇の勅願(命令)で義淵僧正が建立

 

義淵僧正の出世の伝説・・子供に恵まれない夫婦が子を授かるよう観音様に日々お願いしていたところある日家の生垣に布で包まれた赤子がいました。夫婦はこの赤子を大切に育て、その噂を聞いた天智天皇がこの子は観音様の申し子だとして引き取り育てます。まさにこの子が義淵僧正だったといわれています。

 

  • 義淵僧正はとても優秀な僧であったことから日本で最初の僧正という位につく
  •  義淵僧正は自分が育った今の岡寺の地を与えられそこにお寺を建立したのが岡寺の始まり

 

 

ご利益

厄除け

岡寺は日本で最初の厄除けのお寺としても知られています。

 

 

岡寺の御朱印

f:id:ksstory:20210104211508j:image

とても美しい御朱印ですね。

左上に西国三十三所草創千三百年記念印も。

岡寺は伝説にちなんだ龍がデザインされた記念印でした^^

 (記念印は2022年3月31日まで⇒2023年3月31日まで延長)

 

 

岡寺の入山料と入山時間

入山料:大人400円、高校300円、中学200円

入山時間:8:30〜17:00(12〜2月 8:30〜16:30)

 

 

所要時間

1時間ほどです。少し山を登りながらぐるっと拝観できます。

 

 

岡寺の駐車場

f:id:ksstory:20210105101711p:image

近くに民営駐車場(500円)あり。


f:id:ksstory:20210105102040j:image

駐車場からなかなか急な坂を登っていくので少しビビりましたが、距離的にはすぐでした。

 

 

アクセス

電車:近鉄橿原神宮前駅からバスで岡寺前下車

(注意!近鉄岡寺駅からはバス、タクシーがありません。徒歩だと1時間程かかります)

 

 

奈良旅行のご予約はこちらから^^

 

次の札所⇒第八番札所 長谷寺はこちら

 

ポチっとして頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村