KURICOLIFE

KURICOLIFE

寺社巡りと旅とワン

【西国三十三所巡り】絶景!世界遺産、和歌山県の青岸渡寺へ。どこに停める?駐車場情報も。

f:id:ksstory:20210126101640j:image

今回は和歌山県の青岸渡寺(せいがんとじ)へ行って来ました。

西国巡礼の最も南にある札所でしかも第一番札所。さらに世界遺産です。

 

そしてなんといっても素晴らしい絶景が!

西国巡礼をしていない方も和歌山旅行の際にはパンダちゃんから少し足をのばして、是非一度は訪れてほしい青岸渡寺を紹介します(*´ω`*)

 

 

第一番札所、青岸渡寺の見どころ

本堂(重文)

f:id:ksstory:20210126123558j:image

f:id:ksstory:20210126102020j:image

豊臣秀吉が1590年に再建。和歌山南部に現存する南紀最古の建造物です。

わにぐち(ゴーンと鳴らすやつ)は日本最大で直径1.4メートル、450kgあります。

写真撮り忘れ、うぅ。。。 

 

三重塔

f:id:ksstory:20210127125238j:image

この景色、いかがですか?素晴らしい眺めですね。

実際に見るともーっと実感できます!

三重塔は1972年に400年ぶりに再建されました。

背後に見えるのはこちらも世界遺産の那智の滝です。

青岸渡寺いちの絶景のスポットです。

 

f:id:ksstory:20210127135504j:image

三重塔は登ることができさらに目線の高さで滝を望むことができます。

(三重塔拝観料300円)


f:id:ksstory:20210127135500j:image

最上階は安全の為に網が張られていますが、ちょうど滝の部分だけ穴があいていました。

ナイスです

 

f:id:ksstory:20210127135822j:image
f:id:ksstory:20210127135824j:image

内部もとても見応えのある装飾がなされているので拝観の価値ありです。

 

熊野古道

f:id:ksstory:20210127140102j:image

熊野古道とは熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)へ通じる参詣道のことで世界遺産に登録されています。

青岸渡寺の境内にここが熊野古道ですよという案内板がありました。

一度は歩いてみたい熊野古道ですがなかなかのトレッキングです。

いつか…いつか…。

 

那智の滝

f:id:ksstory:20210127141450j:image

青岸渡寺から那智の滝は少し離れた所にあります。

三重塔から山道を下って歩いて15分程。

高低差のある山道はしんどかった~

(うん、熊野古道、無理だね、、笑)

 

車で行くなら駐車場が迷いどころ。

(下記の駐車場情報に詳しく書いています ↓)

 

 

さくっと青岸渡寺の歴史とご利益

f:id:ksstory:20210126101521j:image

  • ご本尊 如意輪観世音菩薩
  • 開祖 裸形上人
  • 創建 四世紀(仁徳天皇時代)

 

歴史

  1. 4世紀インドから来た裸形上人が那智の滝で修行中、滝壺の中に観音菩薩をみつける
  2. その観音様を庵に安置し青岸渡寺となる

 

青岸渡寺のご本尊

青岸渡寺のご本尊はとても優しいお顔。頬に手をあてて片膝を立てた半跏思惟(はんかしい)のお姿をしています。

(2/3、4月第2日曜、8/17にご開帳)

 

ご利益 

如意輪観音様が手に持っている「如意宝珠」あらゆる願いを叶えてくれるというご利益が。

心をこめてお参りしましょう^^

 

那智山の中腹に建つ青岸渡寺はすぐ隣に熊野那智大社があり、共に世界遺産です。

明治初期までは神仏習合の霊場でした。

 

 

青岸渡寺の御朱印

f:id:ksstory:20210127141634j:image

力強い御朱印です。

左上に西国三十三所草創千三百年記念印も。

青岸渡寺といえばやはり那智の滝と三重塔の絶景の記念印でした^^

 (記念印は2022年3月31日まで⇒2023年3月31日まで延長)

 

 

青岸渡寺の所要時間

3時間 。

那智大社や那智の滝も必ず行くと思うので時間は余裕をもってとるのがおすすめです。

 

 

どこに停める?青岸渡寺への駐車場とアクセス

f:id:ksstory:20210126104350j:image

車で青岸渡寺へ訪れたら那智の滝(飛龍神社)も必ずセットで行きたいスポットですが、少し離れているうえ高低差がかなりあります。

そこで迷うのが駐車場。

 

青岸渡寺、那智大社へお参りするのに一番便利なのがそれぞれすぐ近くにある専用駐車場(¥800)。ただしここに止めると滝までの往復が少々大変^^;

f:id:ksstory:20210205104323j:image

こんな道も歩きます。

(私はこのパターンで行きました。滝までの道のりは疲れましたが後になれば歩いた山道もいい思い出です!)

 

那智の滝へ行くのに1番便利なのは滝周辺の駐車場。那智の滝第一、第二、滝前(こちらは観光バス専用で状況によって普通車にも解放している時あり)(¥400~500)

あと、「お食事処かいはみ」さんは食事をすれば駐車料金¥400が無料。

お土産店の「和か屋本店」さんもお店を利用すれば無料です。

いずれにせよ滝に近ければ青岸渡寺、那智大社への往復が大変

 

一番楽なパターンは青岸渡寺駐車場へ停めてお参りした後、車で滝の近くまで降りてきて滝周辺でまた停めて滝へ行く。駐車料金は二度かかるかもですがこれが一番楽ですね。(順序は逆もあり)

 

徒歩なんて余裕!熊野古道を歩きたい!っていう人は一番下の大門坂駐車場(無料)で停めて那智大社→青岸渡寺→那智の滝と歩くのもあり。ここは熊野古道の一部で急勾配の階段は覚悟。所要時間も往復で3〜4時間はかかりそうですが体力のある方はぜひ熊野古道を満喫してみて下さい^^

 

駐車場はあらかじめどこに停めるか考えておくことをおすすめします^^

 

 

和歌山旅行のご予約はこちらから^^

 

 

次の札所⇒ 第二番札所 紀三井寺はこちら

 

那智の滝もめちゃくちゃ素晴らしいです\(*´ω`*)/ 

お隣⇒ 熊野那智大社&那智の滝はこちら