KURICOLIFE

KURICOLIFE

神社仏閣巡りと日々の暮らし

滋賀県の三井寺で桜を満喫しよう、見どころを紹介

f:id:ksstory:20210405171230j:image

2020年8月、西国三十三所巡りをスタートしました。今年中の満願を目指しています^^

今回は17/33ヶ所目となる滋賀県三井寺へ行って来ました。

 

訪れた日は3/31日。2021年は桜の開花が早かったため、三井寺は桜が満開でした。

今回は三井寺の広大な境内の中でも特におすすめの桜の見どころを紹介します。

ここで写真をとればばっちり!

 

 

三井寺の境内でおすすめの桜見どころスポット

f:id:ksstory:20210405222207j:image f:id:ksstory:20210406083501j:image

(撮影場所は地図のハートのところ)

まずは、仁王門からまっすぐ進んだ大きな階段前。両脇に桜が咲き、階段の上には国宝の金堂(三井寺の本堂)がちらり。下からのアングルなので金堂と桜と空がとても綺麗です。

 


f:id:ksstory:20210405222156j:image f:id:ksstory:20210406083653j:image

こちらは金堂前から見た景色。三井寺の中で一番一直線な道。微妙寺までの桜並木は広大な三井寺を感じることができます。

 


f:id:ksstory:20210405222149j:image f:id:ksstory:20210406083816j:image

参拝順路だと通らない所ですが、こちらは金堂を背に見て右手にある小さな池の橋から。

立派な金堂の屋根と桜、そして池に散る桜の花びらも綺麗なスポットです。池には鯉も泳いでいましたよ。

 


f:id:ksstory:20210405222211j:image f:id:ksstory:20210406083929j:image

三井寺の三重塔。手前に桜、後ろには長等山のふもとに咲く桜、この遠近の桜と三重塔。文句無しのスポットです。

 


f:id:ksstory:20210405222143j:image f:id:ksstory:20210406084033j:image

こちらは先ほど金堂から見た微妙寺までの直線通りの真ん中あたり。順路では三重塔からここへ降りてきます。ちょうど村雲橋がありその脇に咲く桜は周りの桜より少し色が濃く美しい濃淡を楽しめます。

 


f:id:ksstory:20210405222129j:image f:id:ksstory:20210406084131j:image

村雲橋を渡って振り返るとより桜の濃淡がわかりますね。奥は金堂です。

 


f:id:ksstory:20210405222146j:image f:id:ksstory:20210406084255j:image

金堂からみた1番奥にある微妙寺。その右手の桜は枝がわりと下の方まで垂れさがっていました。風が吹いたら桜吹雪が凄かった。

 


f:id:ksstory:20210405222137j:image f:id:ksstory:20210406084406j:image

西国十四番札所の観音堂へと続く登り階段の途中からは桜越しに琵琶湖が見えます。桜と琵琶湖、いい眺めですね。

 


f:id:ksstory:20210405222152j:image f:id:ksstory:20210406084449j:image

ここは、観音堂の境内にある普段は立ち入ることのできない観月舞台。2021年初公開されました。舞台からの桜と床に写る桜が何とも見事!

既に公開は終わりましたが、また来年もされるかもですね。HP要チェックです。

 


f:id:ksstory:20210405222203j:image f:id:ksstory:20210406084848j:image

観音堂の境内の奥にさらに上へと続く階段があります。上は広場になっていてそこからは観音堂の境内全体を囲む様に咲く桜と琵琶湖が一望できます。とても素晴らしい眺めです。

階段も少し登る程度なので是非上からの眺めを満喫してみて下さい^^

 

 

いかがでしたか?三井寺は境内全体が桜だらけです。写真を撮りながらだとなかなか前へ進めない程(笑)

紹介した見どころは特に写真スポットとして良さそうな所です。是非、来年の参考にしてみて下さい^^

 

せっかくなので桜鑑賞だけでなく、どんなお寺なのか知るともっと楽しくなりますよ。

 

【合わせて読みたい】