KURICOLIFE

KURICOLIFE

神社仏閣ときどき旅行

【京都】柳谷観音 楊谷寺のあじさいウィーク2021へ!花手水や駐車場情報など

f:id:ksstory:20210622123159j:image

今回は京都府長岡京市にある柳谷観音 楊谷寺(ようこくじ)へ行ってきました。

楊谷寺はあじさいと花手水で人気のお寺です。

 


現在「あじさいウィーク2021」として境内のあちこちに様々な種類のあじさいが咲き乱れています。

実際に撮影してきた写真でぜひこのブログでも美しいあじさいを楽しんでいただけたらと思います^^

あじさいの花手水も必見ですよ!

 

 

 

楊谷寺のあじさい写真館

f:id:ksstory:20210621222805j:image


f:id:ksstory:20210621222758j:image


f:id:ksstory:20210621222801j:image

あじさいって色んな色があるんですね〜

 

f:id:ksstory:20210621223024j:image

ぶどうの房みたいなあじさい

 

f:id:ksstory:20210621223000j:image


f:id:ksstory:20210621223003j:image

真ん中の部分がとっても綺麗。


f:id:ksstory:20210621222954j:image

真ん中に花のないこれらのあじさいは「ガクアジサイ」といって、花がないのではなく、その真ん中こそが花なんです。まわりは装飾花というそうです。


f:id:ksstory:20210621223006j:image

ハートのあじさい発見!

 

f:id:ksstory:20210621222957j:image

こちらはぷっくりハート。


f:id:ksstory:20210621222951j:image

ドーナツ?笑

 

色んな種類や色のあじさいがあって、あじさいってこんなに綺麗な花だったんだとすっかり紫陽花ファンになりました^^

 

 

楊谷寺の花手水(はなちょうず)

f:id:ksstory:20210621223127j:image

本堂前にある一番大きな花手水。盛り盛りに浮かべられたあじさいに綺麗の一言!


f:id:ksstory:20210621223123j:image


f:id:ksstory:20210621223130j:image


f:id:ksstory:20210621223133j:image


f:id:ksstory:20210621223137j:image

境内にはその他随所に花手水が。

実は楊谷寺はご住職の奥様が花手水を始められ、花手水発祥のお寺さんなのだそうです。

 

花手水きっかけで神社仏閣巡りを始めたという方もいるほど、今では沢山の神社やお寺で花手水を見ることができます。

インスタなどでも人気ですね^^

 

 

楊谷寺の見どころ

本堂

f:id:ksstory:20210621223211j:image

江戸前期に建立された本堂は大きな赤い提灯がシンボルです。

眼病平癒にご利益のある観音様をお祀りしています。

 

浄土苑(名勝庭園)

f:id:ksstory:20210621223350j:image


f:id:ksstory:20210621223346j:image

江戸中期に造られたお庭です。

本堂へ上がって奥へ進むと観ることができます。名勝庭園だけあって綺麗ですね。

眺めながらお茶をすすりたい気分になりました^^

 

心琴窟(しんきんくつ)

f:id:ksstory:20210621223416j:image

柄杓で救った水を地面に流し、竹筒を地面に当て反対側を耳にあてると地面の中の水滴の滴る音が聞こえるという江戸時代の音響装置

しゃらんしゃらん?と私には聞こえました^^

目の不自由な方にも楽しんでもらえるようにと目のお寺らしい心遣いです。

 

あじさい廻廊

f:id:ksstory:20210621223615j:image

先ほどの庭園からずーっと続くこの廻廊。


f:id:ksstory:20210621223618j:image

両脇にあじさいが咲き乱れる中を進みます。


f:id:ksstory:20210621223611j:image

あじさいの森を歩いている気分です。

 

奥の院

f:id:ksstory:20210621223650j:image

安産、子授けの観音様をお祀りしている奥の院。

こちらも立派なお堂と提灯がぶら下がっていました。

 

f:id:ksstory:20210621223247j:image

奥の院のお堂にある「感謝の鐘」

日頃の感謝の思いを込めて一突き、新緑の山に爽やかな鐘の音が響きました。

 

愛染堂

f:id:ksstory:20210621224136j:image

奥の院の裏手には縁結び・夫婦円満にご利益のある「愛染明王」をお祀りする愛染堂が。

 

f:id:ksstory:20210621224205j:image

石板をもつ「あいりきさん」の後ろ姿。

前からはちょっと、、映せない事情がありまして^^; お察しください、笑。

 

独鈷水(おこうずい)

f:id:ksstory:20210621224253j:image

楊谷寺には眼病平癒の霊水として今も湧き出る水があります。

先に観音様にお参りして水で目を洗うとご利益があるそうです。飲むこともできます。

 

 

モリアオガエルの卵を発見

f:id:ksstory:20210621224325j:image

境内にある池にモリアオガエルの卵発見!

分かりますか?紅葉の木についてますよ。

モコモコしたそれです。

モリアオガエルの卵、私は初めて見ました^^

 

 

柳谷観音 楊谷寺について

f:id:ksstory:20210621224430j:image

  • ご本尊:十一面千手千眼観世音菩薩
  • 創建:806年
  • 開祖:延鎮僧都(清水寺を開山した僧)

 

楊谷寺のご本尊

毎月17日。18日御開帳

眼病諸病平癒にご利益がある観音様で、1200年の歴史の中で沢山の人々の願いを叶えてこられたことから「生き仏」と呼ばれています。

 

さくっと楊谷寺の歴史

f:id:ksstory:20210621225039j:image

  • 延鎮僧都がこの場所で観音様に出会うと夢のお告げをうける
  • 実際ここにきて観音様をみつける
  • お堂を建てご本尊としてお祀りし楊谷寺となる

 

楊谷寺のご利益

(本堂) 眼病諸病平癒

(奥の院) 安産子授け

(愛染堂) 夫婦円満

 

 

楊谷寺の御朱印

f:id:ksstory:20210621224503j:image

あじさいの押し花御朱印¥1000

あじさいの花手水御朱印¥500

など限定御朱印多数あります。

 

もちろん普通の御朱印¥300円も。

 

 

楊谷寺の所要時間(目安)

f:id:ksstory:20210621224552j:image

2時間。あじさいウィークはこの位見ておいた方がいいですね。

こじんまりとしたお寺と思いきや、奥に広いお寺で奥の院まで廻廊で繋がりぐるっと一周する感じです。

 

 

参拝時間と参拝料

参拝時間:9:00〜16:00

参拝料:無料

 あじさいウィーク(6/6〜7/4)は大人700円

 紅葉ウィークは大人300円

 

上書院拝観:毎月17日 500円

 紫陽花・紅葉期は800円、GWは500円

 

 

楊谷寺 柳谷観音の駐車場

f:id:ksstory:20210621224642j:image

・山門前駐車場・・・無料(15台)

      (ウイーク期間中の6月、11月は500円)

・第1駐車場・・・無料(15台)

      (ウイーク期間中の6月、11月は500円)

・第2駐車場・・・無料(30台)

・第3駐車場・・・無料(15台)

      (ウイーク期間中の6月、11月は500円)

・第4駐車場・・・・・無料(50台)

 

無料の第2駐車場は少し離れていますがそれでも長岡京市方面からの入庫待ちの列ができていました。

500円払って第3駐車場はすんなり停めることができました。

第4は混み具合によって開けるみたいです。

 

 

アクセス

阪急長岡天神駅、阪急西山天王山駅、JR長岡京駅から徒歩1時間

もしくはバス下車後徒歩40分

いずれにせよハイキングを楽しむ以外は車がおすすめです。

 

ポチっとしていただけると励みになります^^

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村