KURICOLIFE

KURICOLIFE

神社仏閣ときどき旅行

西国三十三所巡り・琵琶湖に浮かぶパワースポットの島、竹生島宝厳寺へ、行き方も紹介します。

f:id:ksstory:20210918144837p:plain

西国の中で唯一、船に乗って行くお寺、今回は滋賀県宝厳寺の参拝レポです。

 
宝厳寺のある竹生島は琵琶湖に浮かぶ周囲2キロ(東京ドーム3つ分)のわりと小さな島で、民家は一軒もなく神様と仏様のみが住むパワースポットの島

 
船でしか行けない特別感に西国巡礼の中でも楽しみされている方は多いのではないでしょうか?

 
私も船は一昨年の厳島神社ぶりでかなりワクワクでした(*´ω`*)

 

 

宝厳寺のある竹生島への行き方は3つ

f:id:ksstory:20210828214619j:image

琵琶湖に浮かぶ宝厳寺へ行く船には3つのルートがあります。

 

①琵琶湖汽船 長浜港→竹生島 30分

 大人3130円 学生2500円 小学生1570円

②琵琶湖汽船 今津港→竹生島 25分
 大人2640円 学生2120円 小学生1320円

③オーミマリン 彦根港→竹生島 40分
 大人3000円 学生2400円 小学生1500円

 (料金は往復)

どこから乗るか?ですね。

琵琶湖汽船は長浜から乗って今津で降りるなんてことも可能です。

 

f:id:ksstory:20210828214558j:image

私は琵琶湖の西側、今津港から乗船しました。

おそらく普段なら予約しておいた方がいいと思います。

今回は時間だけ調べて早めに現地に行き切符を買うことにしました。

 

平日だしもしかして貸切かも?!なんて思っていましたが時間が近づくにつれそこそこ人が集まってきました^_^

 

詳しい出航時間や予約は各HPで確認してくださいね。

琵琶湖汽船 

竹生島クルーズ|長浜港〜今津港|琵琶湖汽船 - びわ湖クルーズ

オーミマリン

竹生島航路 時刻表/乗船料金 |オーミマリン

 

 

西国第三十番札所 竹生島宝厳寺の見どころ

f:id:ksstory:20210828214747j:image

 島に上陸しました。

宝厳寺なのに鳥居?この秘密は後に分かりますよ(*´ω`*)

本堂

f:id:ksstory:20210828214806j:image

宝厳寺のご本尊、大弁才天をお祀りしています。

弁才天は七福神の一人ですね。

なぜ大とついているのかというと宝厳寺の弁才天は日本三弁才天の一人で中でも一番古いので大がついています。

ちなみに他二つは宮島と江ノ島の弁才天です^^

 

宝厳寺の唐門は大坂城のものだった

f:id:ksstory:20210828214832j:image

こちらは国宝の唐門です。

桃山時代のもので才色兼備な装飾が見事。

67年ぶりの大修理が行われ2020年6月にようやく全てが終わりました。

 

f:id:ksstory:20210828214829j:image

眩いほどの装飾!


この唐門はもともと京都の豊国廟(豊臣秀吉のお墓)にあったものをここへ移築されたもの。

その豊国廟へは大坂城の極楽橋から移築されたものだったと分かり、つまりこの唐門は大坂城唯一の遺構だといわれています。

(大坂と表記してますが今の大阪城のことです)

 

豊臣秀吉が建てた門、豊臣秀吉も通ったであろう門、豊臣秀吉ファンではありませんがやっぱりすごい!

 

観音堂(重文)

f:id:ksstory:20210829031542j:image

唐門にくっつく様に建てられているのが観音堂。

西国巡礼の札所はこちらです。

千手観音がお祀りされています。


ここで気をつけたいのは西国の御朱印は本堂の横の納経所でいただきます。

こちらでは拝受できません。

それを忘れると急な階段をまた登って戻らなければいけないのでご注意を^^

 

琵琶湖に向かって建つ鳥居、都久夫須麻神社

f:id:ksstory:20210828215236j:image

竹生島には宝厳寺と都久夫須麻(つくぶすま)神社があり元々は神仏習合(一緒にまつられている)でした。

明治時代の神仏分離令でお寺と神社に分けられました。

都久夫須麻神社の本殿は国宝です。

 

f:id:ksstory:20210828215217j:image

鳥居は琵琶湖に向かって立ち、ここから瓦投げをして鳥居の間を通過することができれば願いが叶うと言われています。

 

最初に到着した時も鳥居があったのは、もともと神仏習合だったからなんですね(*´ω`*)

 

 

竹生島の船着場に並ぶ売店で休憩

f:id:ksstory:20210829030611j:image

ぐるっと拝観して一周まわってくると船着場へ戻ってきます。

船の出発時間も拝観を終えて戻ってくる時間にだいたい合わせている感じです。

 

船着場近くにはいくつかお土産や軽食のお店が軒を連ねます。

出発まで15分程あったので飲み物を買って少し休憩。

 

f:id:ksstory:20210829030645j:image

ノンアル買ったらおつまみ付いてきた!

島への別れを惜しみつつちょっぴり幸せタイム(*´ω`*)

 

 

さくっと宝厳寺の歴史とご利益

f:id:ksstory:20210828215948j:image

・西国ご本尊:千手千眼観世音菩薩(秘仏)

・開祖:行基

 

ご本尊

ご本尊の千手観音様は60年に一度の秘仏です。

次の御開帳は2037年。今から16年後ですね!

大きさは1.8mとだいたい人間と同じくらいの大きさですが、ご本尊が安置される厨子(ずし)の扉より大きいそうです。

つまりそれはご本尊が安置されてから周りを取り囲む様に厨子がつくられたとか。

ご本尊をむやみに動かさないように?かどうかはわかりませんが16年後、自分の目でお目にかかりたいな〜(*´ω`*)

 

歴史

  1. 奈良時代、聖武天皇は天照大御神(アマテラスオオミカミ)から竹生島は弁才天の聖地であるから寺院を建てる様にと夢のお告げを受ける。
  2. 僧の行基を竹生島へ遣わし、弁財天を(今の都久夫須麻神社本堂)へ安置したのが始まり。
  3. その後観音堂が建立され千手観音もおまつりされる。

 

廃仏毀釈令(寺院を廃止し神社に変えよ)の命令から弁才天をまつる本堂が神社のものとなりしばらく弁才天は行き場を失ったがその後現在の本堂ができ宝厳寺のご本尊として安置されました。

 

 

ご利益

大弁才天:商売繁盛、技芸上達、恋愛成就、子孫繁栄など

千手観音菩薩:病気平癒、心願成就など

 

宝厳寺の御朱印

f:id:ksstory:20210828220028j:image

かっこいい御朱印!

左上の西国草創1300年記念印は竹生島に建つ宝厳寺でした^^

(西国記念印⇒2023年3月31日まで延長 )

 

 

所要時間(目安)

f:id:ksstory:20210829031101j:image

1時間 (乗船時間除く)

宝厳寺はけして広くはないけれど高低差は結構あります

 

f:id:ksstory:20210828220249j:image

なかなかの階段、、!

 

 

拝観時間と竹生島入島料

拝観時間:9:30〜16:30(船の運行時間内)

入島料:大人500円、子供300円

 

宝厳寺厳寺の宝物館を拝観する場合 別途300円

 

他に船の乗船料が必要です。

 

 

駐車場情報

f:id:ksstory:20210828220400j:image

今津港の駐車場(今津港まで徒歩3分程)はこんな感じです。

 

船の各乗船場に無料の駐車場完備。

長浜港 30台 

今津港 40台

彦根港 100台 

 

 

アクセス

長浜港 JR長浜駅から徒歩10分

今津港 JR近江今津駅から徒歩5分

彦根港 JR・近江鉄道彦根駅からタクシー8分

 (土日祝のみ彦根駅から無料シャトルバス有り)

 

 

今津港の目の前ひょうたん亭でランチ

f:id:ksstory:20210828220520j:image

今津港船乗り場の真ん前にあるお蕎麦屋さんで出航前にランチしました。

 

f:id:ksstory:20210828220548j:image

ニ八のざるそば(800円)はコシがあって美味しい(*´ω`*)

蕎麦湯も体に染みました。

今津港を利用するならおすすめです。

 

 

琵琶湖に浮かぶ神秘の島、竹生島

パワーを頂きに是非お参りされてみてはいかがでしょうか(*´ω`*)

 

 

滋賀県への旅の計画はこちらから〜

 

 

ポチっとして頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村