KURICOLIFE

〜写真でめぐる旅ぶろぐ〜

【西国三十三所巡り】だるまのお寺、勝尾寺の見どころ5選と御朱印

f:id:ksstory:20200817095650j:image

2020年8月、西国三十三所巡りをスタートしました。

実際に足を運び気づいた見どころ、感じたことを撮影した写真と共にレビューします^^

 

 

西国二十三番札所 勝尾寺の歴史について

f:id:ksstory:20200819102022j:image

 

勝尾寺奈良時代に善仲、善算の兄弟によって草庵を建立したのが始まりです。

その後、光仁天皇の皇子(開成)がこの二人と出会いここに弥勒寺を建てました。

この弥勒寺を訪れた妙観が十一面千手観音を彫刻し弥勒寺のご本尊となります。

平安時代になり六代座主の行巡上人がその時の天皇(清和天皇)の病を祈りで治したことから、王に勝った寺として勝王寺の寺号をいただくも、王に勝つとは恐れ多いとして王を尾に変えて現在の「勝尾寺」となりました。

以来、人生全てに「勝つ」お寺として勝ち運を願う参拝者で今日も賑わっています。

 

 

勝尾寺の見どころ

勝尾寺は山に囲まれた自然あふれる中に建ちます。そんな勝尾寺のおすすめ見どころを紹介。

 

勝尾寺の境内には可愛いだるまがあちこちに

f:id:ksstory:20200817182957j:image

境内を歩いていると小さな可愛いだるまがあちこちに置かれています。

これは「だるまみくじ」のだるま。

中におみくじが入っていて、このだるまは持って帰るもよし、境内に置いて帰ってもいいそうです。


f:id:ksstory:20200817182954j:image

f:id:ksstory:20200817201916j:image

よく見ると灯籠の中に。


f:id:ksstory:20200817183003j:image

鐘の下にも。

 

f:id:ksstory:20200817190840j:image

鎮守堂にはずらーっと。

 

f:id:ksstory:20200817191229j:image

勝ちだるま奉納棚には願いが叶った勝ちだるまが所狭しと並べられていました。

 

だるまを見ながら境内を歩くととてもほっこりした気分になります。

 

②日本最初の荒神

f:id:ksstory:20200817184305j:image

厄払いの三宝荒神社です。

三宝荒神とは不浄や災難を除去する神様、火の神として信仰され「台所の神様」と言われています。

勝尾寺荒神社は日本で最初の荒神社です。

 

勝尾寺の本堂

f:id:ksstory:20200817185915j:image

勝尾寺のご本尊、十一面千手観世音菩薩が祀られています。毎月十八日には特別御開帳があります(現在は新型コロナウイルス蔓延予防の為中止)

 

勝尾寺の池の中に浮かぶ弁天堂

f:id:ksstory:20200817190444j:image
f:id:ksstory:20200817190441j:image

弁財天が祀られています。

緑の池の中に鮮やかな朱色のコントラストがとても美しいお堂です。

 

⑤知恵の環

f:id:ksstory:20200817191359j:image

入り口から入り右に7周、中心にたどり着き今度は逆に7周で入り口に戻ります。

お参りした後にこの知恵の環を歩くと、心は一層穏やかに、そして晴れやかに湧き出る力や良い知恵を授かることができるそうです。

 

 

勝尾寺御朱印

f:id:ksstory:20200818081747j:image

西国三十三所巡り最初の御朱印をいただきました^^

左上に西国三十三所草創千三百年記念印も。

だるまが可愛い^^ (記念印は2022年3月31日まで)

 

勝尾寺へのアクセスと駐車場

今回は車で行きました。

うねうねとした山道を走ります。車酔いしやすい人は少し注意を。(私は酔ってしまいました^^;)

駐車場は目の前に第一駐車場があります。

2時間まで500円、以降1時間毎に100円。

(詳しくは勝尾寺のHPを見て下さい)

 

この日はすいていましたが、紅葉の時期はかなり混みます。

 

 

f:id:ksstory:20200817213748j:image

夏は青々とした木々に囲まれてとても気持ちよく、時折スピーカーからお経が響き渡ります。それがまた心地よくて。

 

勝尾寺は山の斜面に各お堂が点在しているので坂道、階段が多いです。

その分本堂からの眺めは爽快でした。

 

 

f:id:ksstory:20200817214744j:image

そして何よりこのお寺のいい所は犬同伴でお参りできること。愛犬と一緒に参拝できたことが何より嬉しかったです。

 

西国三十三所巡り1/33』!

 

拝観料:大人400円、小中学生300円、未就学児100円

 

 

 関連記事