KURICOLIFE

〜旅とシンプル生活〜

【福岡】福岡駅徒歩すぐ、ホテルウィングインターナショナルセレクト博多駅前宿泊レビュー

f:id:ksstory:20210217112023j:image

今回はホテルウィングインターナショナル博多駅前の新館の一泊レビューです。

 

ビジネスホテルだけど、かなりモダンでお洒落で斬新なホテル。

新館なだけあって綺麗で、また泊まりたいと思えるホテルでした^^

 

 

ホテルウィングインターナショナル博多駅前の口コミ

  • 博多駅徒歩すぐのロケーションが抜群
  • 値段の割にクオリティが高い
  • 部屋のコンセプトが斬新
  • 朝食が美味しい
  • コンビニが近い
  • 部屋が狭い(部屋による?)
  • 洗面台が部屋の中

 

などなど、良い口コミの方がかなり多い印象です。

 

 

ホテルウィングインナーナショナル博多駅前の宿泊レビュー

f:id:ksstory:20210217100231j:image

入り口はあまり大きくなく一瞬通り過ぎてしまいそうに。


f:id:ksstory:20210217103334j:image

ロビーは1階、かなりモダンな雰囲気。11月下旬なのでクリスマス仕様でした。

カメラ式体温計と消毒が設置。


f:id:ksstory:20210217100222j:image

「旅するホテル」がコンセプトのこのホテルは各階ごとに様々な国のテイストになっていて雰囲気がガランと変わるのだとか。


f:id:ksstory:20210217100227j:image

今回の部屋は8階でここはアムステルダムでした。

 

客室レビュー

f:id:ksstory:20210217101253j:image

部屋に入ると…なかなか普通のホテルにはないデザイン!

落ち着かない…ということもなく案外すぐ馴染む笑

ベッドは全室シモンズ製でよく眠れました。


f:id:ksstory:20210217102545j:image

ベッドの向かいにテレビ…と、ん!?

洗面台までここに!お洒落な洗面台だから嫌な気はしないけど。

一人や気の知れた仲ならともかく、そうじゃなければ使い勝手はどうだろう笑

 

f:id:ksstory:20210217103645j:image

口コミにもあったけどホテルのHPにはメイク落としと化粧水って書かれていたのにそれは見当たらなかった。(持参していたから困りはしなかったけど) あとヘアバンドではなく髪ゴムでした。もしかしてロビーにご自由にとあったのかな? 

あてにしていたら注意です。


f:id:ksstory:20210217103635j:image

バス・トイレはセパレートですごく良い。


f:id:ksstory:20210217103642j:image

お風呂も綺麗でシャワー圧も問題なく、ゆったり気持ちよく入浴できました。


f:id:ksstory:20210217103639j:image

シャンプー類はポーラ。

ドライヤーはパナソニック製で威力充分。


f:id:ksstory:20210217103632j:image

クローゼットには消臭スプレー。

 

f:id:ksstory:20210217104744j:image

ベッドにはUSBコンセントが付いていて便利。

写真を撮り忘れましたがパジャマはズボンタイプでこれも高ポイント。

 

f:id:ksstory:20210217101256j:image

窓からの眺めは立ち並ぶビルでした。

 

 

周辺情報とアクセス

f:id:ksstory:20210217110508j:image

博多駅へは徒歩5分程、中洲へも徒歩10分以内で行くことができ夕食を食べに行くにも便利。


f:id:ksstory:20210217100225j:image

すぐ近くには有名な博多ラーメン一幸舎の総本店も。博多駅内の一幸舎で食べたけどホテルの近くに総本店があったとは。せっかくならこちらで食べてみたかった。

 

コンビニも近いし立地は抜群に良かったです。

 

 

ホテルウィングインナーナショナル博多駅前の宿泊評価

f:id:ksstory:20210217112429j:image

実際宿泊してみての感想はビジネスホテルにしてはかなりよかったです。

これで料金一泊5000円前後なのでこの値段なら充分。

斬新ではあったけど、他の階にも泊まってみたいなぁと思えるホテルでした。

 

 

【オキシクリーン】真っ白!上靴のつけ置き漂白、やり方とその効果

f:id:ksstory:20210219204742j:image

  • 汚れた子供の上靴を真っ白に洗いたい。
  • オキシクリーンって聞いたことあるけどどうやって使うの?
  • オキシクリーンって実際どうなの? 

 

こんな人に向けての記事となっています。

 

 

オキシクリーンはこんなアイテム

衣類などのシミ・汚れを漂白して消臭する酸素系漂白剤

 

・無香料

・界面活性剤不使用

・酸素のチカラでガンコな汚れやシミを落とす
・色柄ものにも使える
・ニオイの元となる汚れを落とす
・ツンとした刺激臭なし

 

漂白の他にもキッチンやお風呂場といった水回りやリビングのお掃除などにも使え用途は色々。

 

 

オキシクリーンを使ったつけ置き漂白のやり方

今回は上靴を真っ白にしたく、オキシクリーンを使ったつけ置き漂白を紹介。

 

用意するもの

4L(標準的な洗面器の八分目)のお湯(40〜60℃)

オキシクリーン

手袋(素手で触らないように)

 

つけ置きの方法

お湯に付属スプーン1杯のオキシクリーンをいれかき混ぜる

漂白したいものを浸ける

(20分程、最大6時間まで)

 

*お湯の量は漂白する物が浸かるように量を変え、それによってオキシクリーンの量も変える

 

つけ置き後はいつも通り洗濯洗剤を少量つけて洗う。(勿論、靴用洗剤でもOK)

 

 

 オキシクリーンで上靴をつけ置き漂白したその効果は?

f:id:ksstory:20210218145428j:image

アフター写真がこちら

 

しばらく洗っていなかった真っ黒な上靴が見事に真っ白。

 

ここで失態。

ビフォーの写真を撮り忘れ…。

 

しかし靴のヨレ具合から新しい上靴ではないことは認識していただけるかと^^;

 

 

オキシクリーンを使ってみた感想

漂白の効果はしっかり確認できた。

色柄ものに使えるので安心して使える。

 

塩素系(色も落ちる)を抜きにしたら今までで一番漂白効果を感じることができた漂白剤でした。

 

また衣類の漂白はもちろん、洗濯槽や風呂釜、風呂椅子や風呂蓋などのつけ置きにも。

物が少ない暮らしを目指している人にはとても万能な洗剤でもありました。

 

 

オキシクリーンは楽天で買えます^^


 

【長崎】立地良し、格安で雰囲気が良いホテルモントレ長崎に宿泊

初めての長崎旅行の宿泊地に選んだのはホテルモントレ長崎。

モントレといえばヨーロッパ調の素敵な外観と内装。

この雰囲気だけでも心地よく過ごせたホテルでした。女子受けはかなり良いと思います^^

 

 

テルモントレ長崎の口コミ

f:id:ksstory:20210210194754j:image

  • 中世ヨーロッパ調の外観、内装が素敵
  • 立地が抜群に良い
  • レストランが美味しい
  • 少しの古さは否めない
  • 駐車場1800円は高い

 

今回車ではないので駐車場は関係なかったこと、古くても清潔なら問題はないし、なんといってもモントレのこの雰囲気が良いこと、そしてこのレベルでかなりの格安であったことから今回の長崎のお宿に選びました。

実際宿泊してみて口コミ通りであったか、レビューしたいと思います^^

 

 

テルモントレ長崎宿泊レビュー

f:id:ksstory:20210210183518j:image

まさに長崎の街に溶け込んだ佇まいのホテル。

到着するやいなや胸が高まります^^


f:id:ksstory:20210210183527j:image

f:id:ksstory:20210210183524j:image

入り口を入ってロビーに向かいます。


f:id:ksstory:20210210183521j:image

中庭が見えました。こちらもいい雰囲気。


f:id:ksstory:20210210183553j:image

こじんまりとしたロビーですが素敵な装飾にキョロキョロしてしまいます。

扉の奥は教会になっていました。

 

f:id:ksstory:20210210191609j:image
f:id:ksstory:20210210191612j:image

この階段から新郎新婦が降りてくるのでしょうね♪ 

 

 

テルモントレ長崎の客室レビュー

f:id:ksstory:20210211090728j:image

廊下から部屋へ入る時、一段段差があるので注意。チェックインの時にも注意を促してくれます。これは家の様に…というデザインらしいです。


f:id:ksstory:20210210183544j:image

予約したお部屋はスタジオツイン。

ベッドの一つは簡易ベッドでした。しかしこの簡易ベッドでもなかなか寝心地よかった。

しかもフワフワ枕がとても合っていたようで気持ちよく爆睡できました^^

 

f:id:ksstory:20210210183550j:image

窓の外は道を挟んでマンションでした。

まぁ、カーテンは閉めておけばよいことです。


f:id:ksstory:20210210183547j:image

お部屋はちょっと狭め。スタジオツインだからでしょうか。

しかし寝るだけなのでこれも良し。

シャープの空気清浄機付き。


f:id:ksstory:20210210183557j:image

ユニットバスですね。掃除はきちんとされていて清潔でした。シャワーも問題なく使えました。


f:id:ksstory:20210210183535j:image

シャンプー類は花王。珍しいですよね。

だいたいポーラが多い。花王は好きなのでここは高ポイント!


f:id:ksstory:20210210183541j:image

アメニティ類も一通り揃っています。

ドライヤーはパナソニック製で威力あり。


f:id:ksstory:20210210183538j:image

パジャマはネグリジェタイプでした。

浴衣タイプの朝起きたらはだけているやつよりはいいですね笑

 

レストランの口コミが良かったけれど今回は長崎ちゃんぽんが食べたかったので外で食べることにしました。

 

 

テルモントレ長崎の周辺情報とアクセス

f:id:ksstory:20210210232812j:image

ホテル前も長崎らしい道。

グラバー園も大浦天守堂も徒歩圏内です。


f:id:ksstory:20210210232815j:image

オランダ坂もすぐ近く。


f:id:ksstory:20210210232819j:image

少し離れはしますが長崎中華街も徒歩県内です。

 

市電の駅もすぐ近くにあり、コンビニもあり。

ちゃんぽんが美味しかったレストラン「四海樓」も徒歩圏内。軍艦島のクルーズ乗り場もすぐ近くでした。

立地は抜群に便利でした。

 

 

テルモントレ長崎の評価

f:id:ksstory:20210211090515j:image

エレベーターのこのレトロさがたまらない

ホテルそのものはこじんまり。お部屋も狭めではあったものの、全体的に良いところがギュッとされたホテル。

何より見た目が素敵なのはとても心地よかったです。

古さも汚い古さではなくある意味コンセプトのレトロ感に合った感じで気になりません。

そして料金がこのレベルで一人素泊まり5000円程です!

また利用したいと思えるホテルでした^^

 

【奈良〜和歌山3日目】西国巡礼旅行、那智山や潮岬など和歌山の景勝地を満喫

3日目、お天気回復しました。今日は晴れです。

大江戸温泉物語は朝食のバイキングも豊富。お腹いっぱい食べて出発。

那智勝浦まで海岸沿いを走ります。

 

 1日目、2日目の記事はこちら


 

三重塔と那智の滝が美しすぎる青岸渡寺

f:id:ksstory:20210209195954j:image

これぞ世界に誇れる日本の景色。

見惚れるくらいに美しかったです。さすが世界遺産

 

f:id:ksstory:20210209214040j:image

 青岸渡寺のすぐ隣には熊野那智大社、そして那智の滝がお祀りされている飛龍神社。

見どころ沢山の熊野那智山

ゆっくり回るなら半日はかかりますね。


 

みかんの無人販売所に寄るもみかん無でした

f:id:ksstory:20210210142819j:image

那智勝浦から串本へ戻ってくる道中、地図でみかんの無人販売所を見つけました。

みかん買いたかったし、こういう販売所って地元の農家さんがやってて美味しそうなイメージ。

ところがみかんどころか何も無かった

まだ 11月初旬なので早かったかな。残念。

現在は地図では無人販売銀座となっていました。

 

 

橋杭岩と道の駅くしもと橋杭岩で食べたとこぶし

f:id:ksstory:20210210083935j:image

さて那智勝浦から串本へ戻ってきました。ちょうどその道中にあるのが橋杭岩

とんがった岩が紀伊大島に向かって一列に並んでいる景勝地です。


f:id:ksstory:20210210083931j:image

橋杭岩ができた仕組み。

この岩はマグマが固まったものらしい。


f:id:ksstory:20210210083938j:image

ちょうど引き潮の時間はこの様に岩の側まで歩いて行けます。一番いい時間!

 

橋杭岩には道の駅が隣接されていて車も停められます。(引き潮だったからか混んでいたけどギリギリ停められた)

 

f:id:ksstory:20210210084817j:image

f:id:ksstory:20210210084532j:image

そこで売っていたトコブシとまぐろカツ。

トコブシはいい感じの塩気が、まぐろカツは不思議な弾力がどちらも美味しかったです。

 

時間は14時過ぎ、朝のバイキングのおかげでそこまで空腹ではなかったのでとりあえずこれで腹ごしらえして出発しました。

 

 

本州最南端潮岬の大パノラマを満喫

f:id:ksstory:20210210124707j:image

ここは必ず訪れたかった場所。本州最南端、潮岬


f:id:ksstory:20210210125144j:image

この眺め。地球を感じるとはまさにこのこと。

忙しなく日々過ごす日常をいっさいがっさい忘れさせてくれる景色。

これだから旅はやめられません^^


f:id:ksstory:20210210125142j:image

f:id:ksstory:20210210125151j:image

本州最南端の記念碑もありました。

 

潮岬観光タワーに登らなかった後悔

f:id:ksstory:20210210125138j:image

潮岬観光タワーという施設があります。

レストランや展望台が入っているのですが、展望台といってもそれほど高くもないし登っても見えるのはひたすら海だし…入場料(300円)かかるし…でスルーしたのですが…

本州最南端訪問証明書がもらえたとのこと。

しまったーー。これ欲しかった。泣

 

ちなみに日本最南端の証明書を持っています。

沖縄の波照間島。コレクションしたかった^^;

 

またも下調べがいかに大事かを思いしらされました。。


f:id:ksstory:20210210125135j:image

タワーの下ほどには本州最南端のポスト^^

 

 

全国に16基しかない登れる灯台、潮岬灯台へ。こ、怖かった笑

f:id:ksstory:20210210135549j:image

車でほんの数分走ると潮岬灯台へ着きます。

さっきの潮岬は駐車場タダでしたが、ここは300円。


f:id:ksstory:20210210135546j:image

綺麗な白亜の灯台。全国で登れる灯台は16基しかなくそのうちの一つです。なかなか貴重なんですね。入場料300円。


f:id:ksstory:20210210135552j:image

中は資料館になっています。


f:id:ksstory:20210210135555j:image

ぐるぐる階段を登り、最後は垂直で細い梯子のような階段。けっこうヘビー笑


f:id:ksstory:20210210135558j:image

高所恐怖症でもないし、そんなに高くもないので余裕だと思っていた灯台ですが…

風が凄い

この日は特に強かったと思う…。吹き飛ばされるんじゃないかという恐怖、笑。

柵にしがみつきながら何とか一周。

スマホも落としそうで写真もそんなに撮れず^^;


f:id:ksstory:20210210135604j:image

頑張って撮ったこの一枚。

怖かったけど景色は最高でした!

登ってよかった。すぐ降りましたけど笑

 

潮岬の鯨山見

f:id:ksstory:20210210143412j:image

灯台を出て横手の細道をいくと本州最南端の神社があり、こんな看板を見つけました。


f:id:ksstory:20210210143415j:image

更に先っぽに行けるようです。

木が生い茂った細い道。

が、ここも凄い強風。両脇は断崖、飛ばされたら海に落ちそう…な感覚。

怖くて途中で断念しました^^;

太平洋を一望でき、むかし泳いでくる鯨をここから見つけていたそうです。

 

 

道の駅すさみでちょうど日の入り

f:id:ksstory:20210210144121j:image

潮岬灯台を出発、あとは長い帰路となります。

高速に乗るまでは海岸沿いの道。いい感じで日が暮れてきました。

そして丁度高速の入り口の手前、道の駅すさみで日の入り時刻!車を停め海側までダッシュ


f:id:ksstory:20210210144404j:image

間に合いました〜。感動の旅の締めくくりです。

 

 

これにて2泊3日の奈良和歌山巡礼旅は終わりです。観音様に会い、また日本の自然の美しさにも出会えた今回の旅もとてもいい旅となりました。

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございました^^

みかんは最後の道の駅すさみにて無事ゲットできました。

f:id:ksstory:20210210150247j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

【奈良〜和歌山2日目】西国巡礼旅行、巨大&貴重な観音様とご対面

2日目はあいにくの雨でスタート。

午前中は奈良の壺阪寺へ行き、午後は和歌山へ。

和歌山に入ってすぐの紀三井寺へお参りした後は一気に本州最南端串本まで移動。

阪和自動車をひたすら走ります。

やっぱり遠いなぁ〜

 

しかし雨足がだんだん強まり…この日はほぼ移動日で良かったのでした^^

 

 

巨大な仏像群が楽しい壺阪寺

f:id:ksstory:20210208225305j:image

楽しいという表現をお寺にするのは適切ではないのかもしないけれど、インドからやってきた巨大な仏像が見どころの壺阪寺は見ていてワクワク。

 

f:id:ksstory:20210208225302j:image


f:id:ksstory:20210208225259j:image

ご本尊の観音様は目にご利益がありこんな大きな眼鏡もありました。


 

 

50年に一度の奇跡、紀三井寺の観音様に会ってきました

f:id:ksstory:20210208223006j:image

次に訪れた紀三井寺のご本尊は50年に一度しかお目にかかれません。

その年がなんとちょうどこの2020年という奇跡。

観音様のお姿は忘れられない程感動でした。

 

雨はちょうど小降りになったものの、水たまりに見事にドボンしまして…靴も靴下もグッショグショ^^;


 

阪和自動車道で一気に串本目指して南下

さて、車の中で裸足になって靴と靴下を乾かしつつ←

和歌山市紀三井寺から南紀串本のホテルまで阪和自動車道を2時間。

高速使って2時間ですから、和歌山って広い。

 

若い時と違って長距離の車がだんだんしんどくなってきたなと思い知らされた旅でもありました^^;

 

 

2日目の宿泊地、大江戸温泉物語南紀串本に到着

f:id:ksstory:20210208223000j:image

大江戸温泉物語シリーズは初めて。CMよくやってたから気にはなっていました。

 

f:id:ksstory:20210208231233j:image

館内は綺麗にリフォームされていたしバイキングも品数多くて楽しかった。

2食付きで1万ちょっと、満足でした^^

 

 

明日3日目は最終日。

西国三十三所で一番遠い那智勝浦の青岸渡寺を目指します。

それから熊野那智大社那智の滝、帰路の途中で橋杭岩や潮岬も立ち寄ります。

3日目は予定目白押しです。

どこかでミカンも買いたいな^^