KURICOLIFE

KURICOLIFE

寺社巡りと旅とワン

怖い?京都の街中に建つ六波羅蜜寺の真相は?見どころも合わせて紹介

f:id:ksstory:20201206085946j:image

今回の西国三十三所巡りは京都の六波羅蜜寺です。

実は六波羅蜜寺には気になる噂があります。

 

それは六波羅蜜寺は怖い

 

なぜ怖いのか?ちょっと気になりますよね。

今回はその理由と実際に訪れた印象をレビューします。

 

【目次】

 

 

六波羅蜜寺は怖い?その真相は

f:id:ksstory:20201216124906j:image

怖い…そんなことも言われている六波羅蜜寺。

実はこの六波羅蜜寺の建つ場所にその言われがあったようです。

 

ここは昔、死者を葬送していたといわれる死の六道と呼ばれた所でした。

「死の六道」は「六道の辻」と呼ばれる地名で、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・冥界の6つの世界と繋がっています。

そしてここで死者と最期のお別れをしていたと言われています。

 

かつて六波羅蜜寺のあるこの轆轤町(ろくろちょう)には人骨が至るところに転がっていたそうです。

ろくろ→どくろ…

なるほど…。そう言われると少し怖い気もしますね^^;

 

ですが実際訪れてみると、鮮やかな本堂などとても明るくて綺麗なお寺でした。

怖さは全く感じることはなく、穏やかにお参りさせていただきました。ご安心を^^

 

 

幽霊子育飴

f:id:ksstory:20210531110930j:image

六波羅密寺のすぐ近所に「みなとや幽霊子育飴本舗」というお店があります。

 

幽霊。やっぱり怖いイメージなんですが…

 

時は1599年。夜な夜な飴を買いにくる女性がいました。ある時、銭箱の中を見るとしきみの葉(お墓にお供えする花)が入っていることに店主が気付きます。不思議に思いその夜女性の後をつけると鳥辺山(京都の埋葬地となっていた場所)にあるお墓に消えていきました。

そのお墓から赤ん坊の泣き声が聞こえたため、翌日住職とお墓を掘ってみると飴をくわえた赤ん坊がみつかったそうです。実はこの女性は身ごもったまま亡くなってしまい、お乳の代わりに毎晩赤ん坊に飴をあげていたそうです。

 

この言い伝えから「幽霊子育飴」と名付けられ、このお店にはしきみの葉が入った銭箱が今も残っているそうです。

 

ちなみにこの赤ん坊は8歳で僧となり68歳まで生きたそうです。

 

言い伝えを知ると怖いどころか、命を落とした後も子供を育てようとするお母さんの深い愛情のお話でしたね。

そんなことから妊娠中や授乳中の方に人気の飴となっています^^

 

 

西国第十七番札所、六波羅密寺の見どころ

色鮮やかな本堂

f:id:ksstory:20201206122933j:image

色鮮やかな文様が施された本堂。


f:id:ksstory:20201206122936j:image

とても綺麗なお寺という印象です。


f:id:ksstory:20201206122930j:image

本堂前は広く階段になっているので、そこに腰をかけてしばらく煌びやかな本堂を眺めました^^

 

六波羅密寺のなで牛さん

f:id:ksstory:20201216111253j:image

本堂を眺めつつふと視線を下に下ろすと一匹の牛さんがいました。

体の悪い所をなでると病や怪我が治るといわれている撫で牛さんです。

 

宝物館の空也上人像

f:id:ksstory:20201216112859j:image

開祖の空也上人は実は醍醐天皇の第二皇子でした。

しかし自らそのことを明かさず一人の僧として生涯庶民に寄り添いました。

橋を架け井戸を掘り貧しく病める人々を救ったとされています。

そんな空也上人が念仏を唱えると口から六体の阿弥陀様が現れたという言い伝えそのままのちょっとユニークな彫刻が拝見できます。

 

宝物館には他に平清盛像など数々の重要文化財を見ることができるのでおすすめです。(撮影は禁止)

 

銭新井弁財天

f:id:ksstory:20201216113952j:image

本堂より奥に、銭洗い弁財天や水掛不動尊がお祀りされているのでこちらもお参りしましょう。

財運や芸能にご利益があるとされています。

 

 

六波羅密寺で人気の誕生日おみくじ

生年月日と性別から一年の運勢を占うおみくじが人気です。よく当たるそうですよ^^

しかも全て手書きなんだとか!

 

(私は普段おみくじをひかないので見逃してしまいました。六波羅密寺さんのおみくじはひいてみたかったかも^^;)

 

但し13歳未満88歳以上はないので注意を。

 

遠方の方は郵送でも受け付けてくれます。

 

 

さくっと六波羅蜜寺の歴史とご利益

f:id:ksstory:20201216112838j:image

  • ご本尊:十一面観世音菩薩(国宝)
  • 開祖:空也上人

 歴史

  1. 951年、都に疫病が大流行した。
  2. 空也上人は自ら刻んだ十一面観音像を車にのせて市中をまわり、念仏を唱え、梅干しをいれた薬茶を病人に授け病魔を退散させた。
  3. それから12年後お堂を建て先の観音様を安置してできたのが六波羅蜜寺。

 

六波羅蜜寺は実際には怖くないどころか、疫病退散の為に尽力された空也上人が建てた素晴らしいお寺なのです。

今のこのコロナの時期には是非ともお参りしたいお寺ではないでしょうか^^

 

ご本尊(国宝)

空也上人作、十一面観世音菩薩は秘仏であり12年に一度、辰の年に御開帳されます。

実は縁結びの神様として信仰されていて恋愛成就夫婦円満のご利益があるそうです。

次の御開帳は2024年です。

 

ご利益

恋愛成就、夫婦円満、無病息災、勝負運、金運

 

 

六波羅蜜寺の御朱印

f:id:ksstory:20201216112957j:image

とてもかっこいい御朱印です。

左上に西国三十三所草創千三百年記念印も。

六波羅密寺は字の様なデザインでお寺っぽい記念印でした^^

(記念印は2022年3月31日まで⇒2023年3月31日まで延長)

 

 

所要時間(目安)

40分です。

街中にあるコンパクトなお寺です。

 

 

六波羅蜜寺の拝観料と拝観時間

拝観料:無料

(宝物館のみ大人600円、大高中500円、小400円)

拝観時間:8:00〜17:00

 

 

駐車場

専用駐車場なし。

近隣にいくつかコインパーキングがあります。

清水寺へは歩いて15分です。

 

六波羅蜜寺へのアクセス

・京都市バス

京都駅 206 系統:清水道下車 徒歩7分

・京阪電車

清水五条駅下車 徒歩7分

・阪急電車

河原町駅下車 徒歩15分

 

 

 

六波羅蜜寺の近くでお宿をお探しなら

 

 

次の札所⇒ 第十八番札所 六角堂

 

ポチっとして頂けると嬉しいです^^

 にほんブログ村へ
 

 

 

京都旅行のご予約はこちらから^^